今思うこと

今の日本という国はどうしてしまったんでしょうか。
日々増え続ける殺人事件。
どうして人は人の命を奪うのでしょうか。
それはきっと人という生き物はとっても弱い生き物だからなのでしょう。
ですが、そんな殺人事件でもここ近年では身内の事件が急増しているように思います。
母親や父親を息子や娘が殺害する事件や
わが子を虐待し死に至らしめる事件。
また、老人ホームでの暴力事件。
弱いものをいじめて何が楽しいのでしょうか。
いったい何が得られるのでしょうか。
私には到底想像がつきません。

どうしてこんな世の中になってしまったのでしょうか。
人は本来、人が人を支えていかなくてはいけないのに。
今の日本の状態がそうさせているのでしょうね。
小さいことの積み重ねがこういう大きな事態に結びついてるような、そんな風に思います。
例えば、庶民の生活の困難さ。
老後の心配。
いろいろなものが降りかかって生活を困難にさせている現状。
こいうことが、例えば夫婦間の喧嘩から殺人事件へと発展したり、
ストレスから弱者への虐待へと進んでいく。
いつかこの波は収まることがあるのでしょうか・・・。

私は絶対に人の道に外れるようなことはしないと心に誓っています。
もともと短気な性格でもありませんし、ことを荒立てることは嫌いなんです。
よく私のおばあちゃんが言っていました。
「人との付き合いには波風をたてないのがいちばんいいよ」と。
これはおばあちゃんがよく言っていた言葉です。
おばあちゃんも昔から苦労をしてきた人なのでよくよくそのへんのことはわかっているそうです。
短気は損気。
昔の人はよく言ったものです。
確かに事を荒立てるといいことはありません。
かといって、そういう気持ちを内に秘め続けるとかえっていつか爆発した時が怖いと思うのも事実です。
ですから、いかにその気持ちを発散させるか。
内に詰め込んだもやもやはやはり誰かに話を聞いてもらうということがとっても大事だと思います。
これは今の子育て中のお母さんにも言えることですよね。
育児ノイローゼになって子供を虐待なんていう話を近年でよく耳にします。
人は誰かに話すことで気持ちが楽になるものです。
ですから、そういう人を家族でもだれでもいいので一人は持っておくことも大事なのではないかと思います。
長々と語ってしまいましたが、これが私の今思うことです。

今年の花粉症対策

みなさん、そろそろ花粉が飛び始めているみたいですよ。
今年は去年と比べると去年の2~3割といったところだそうで
去年の大量の飛散量よりはましみたいでほっとしています。
それでも、私は花粉症が人よりもひどいほうなのでまた何か対策を練らなくてはと思っています。
マスクはもちろんなのですが、他に今年はいいものがでてないのでしょうか・・・。

そこで調べてみると「ポレノン」というものが非常にいいという情報がありました。
このポレノンというのは花粉をブロックするスプレータイプのもの。
顔や鼻の周りにプシュッっとするだけでOKという優れものです。
化粧水のようなものらしく、薬ではないので眠たくならないし、
マスクにもプッシュしておけばなお効果的。
見た目にもなにも変わらないので女性にはばっちり。
ポレノンに含まれる成分にペクチンというものがあるそうです。
このペクチンが花粉を吸着してしまうそうです。
また、1日にだいたい5回から10回程度しようするといいそうで、
それくらいの頻度で使うなら1か月~2か月くらいはもつそうですよ。
これはいいですね。
鼻にクリップのようなものを入れるタイプのものもありましたよね。
あれはやっぱり女の子ですから気になるので嫌だったんです。
でも、これなら無色透明なので目立つ心配がなさそうです。
評判もいいみたいで、楽天市場のレヴューを見てみても
鼻をかんでからプッシュすると効果があるみたいですよ。
昨年は特に花粉の飛散量が多かっただけに効果が実感できた方が大かったのかもしれませんね。
何よりも飲み薬じゃないという点が気に入りました。
子供にも使えるということで安心できそうですね。
今年の花粉症対策はこのポレノンに決定いたしました!!
楽天市場で明日楽で注文できるようなので早速買ってみたいと思います。

なんだかだるいので

今日は朝からなんだか体がだるいです。
寒かったりあったかかったりと気温の差が激しいせいもあってなのか、
それともストレスや疲労がたまっているのか・・・。
熱はありませんがなんだかだるい。
そんな1日でした。
ちょっと寒気もするので私の特製の生姜湯を飲んでゆっくり休もうと思います。
私が作る生姜湯はいたって簡単ですよ。
コップに生姜をすってお砂糖をがばっと多めに入れます。
そしてそこにお湯を注いで混ぜて溶かすだけです。
でも、これ体があったまりますし、何よりも天然の生姜湯ですから効果抜群です!!
売ってるものは美味しくないので、私はいつもなんだかおかしいな~というときにはこれを飲んでいます。
お砂糖をたくさんにしたらお子さんでも飲めるんじゃないかな?

寒気もするので今日は湯たんぽをして寝ることにしますね。
湯たんぽはやっぱりいいですね~。
昔からのロングセラーの商品ってやっぱりそれなりにいい理由があるんですね。
だって、湯たんぽは何よりも経済的。
お風呂の残り湯をあっためて入れればOKですし、
お布団の中にさえ入れておけば、朝までぽっかぽか。
電気代はお湯を温める時だけでOK。
冷え性の私には、この足元が温かいということが何よりもの救いです。
私はすごい冷え性で、冬は外を歩いていると足の先がかちんかちんに凍ったようなそんな感じになります。
また、夜は湯たんぽか靴下がないとなかなか寝付けません。
なのでここ最近は湯たんぽが離せなくなりました。
靴下って履いて寝るとよくないんですってね。
でも、冷え性の人にはやっぱり靴下がないとっていう人多いでしょ。
だったらぜひ湯たんぽですよ!!
湯たんぽをしたら靴下なんて全く必要なくなりますよ~。
暑くて湯たんぽを蹴っ飛ばしちゃうくらいですから^_^;
朝までぐっすり眠れるようになるといですね。

早起き

今日は日曜日。
なんだか朝早くに目が覚めました。めずらしいことです。
今日はどこにも行く予定がないので料理でもしてみようと思ってスーパーに行きました。
今日はなんだかカレーが食べたくなったので
久しぶりに作ってみることにしました。
前に作った時はなんだかこくのないこれといっておいしくもなくまずくもなくといったカレーでした。
なので、今回はそれを上回るように頑張りたいと思って励みましたよ。

カレーのコクを出すためのいい方法がインターネットに載っていました。
なにやら玉ねぎをとにかく炒める。
これに尽きるそうです。
30分くらいずっといためるんだそうですよ。
いわゆるあめいろの玉ねぎですね。
あとはなんとカレーのルーをフライパンで炒めるそうです。
そうすることでお店のようなあの深い味わいになるんだとか。
ためしにやってみることにしました。
ポイントはとにかく焦がさないこと。
焦がすともちろんのことながら焦げた味がします^_^;
丁寧にふつふつなるまで炒めてお鍋にド~ン♪
そしてしばらくに詰めて完成です。
お味派というと、な・なんと!!おいしいじゃないですか。
これならお嫁に行けるわ~という仕上がりでした。
この方法おすすめします^^

カレーもできたとことで散歩にちょこっとでかけました。
散歩なんて久しぶりです。
公園を散歩していると美ジョガーのような人がかっこよく走っていました。
すらっとしてクールな印象の美人の女性です。
私はジョギングは大の苦手でして、短距離専門です^_^;
そういえば、最近では皇居の周りもランナーがよく走るようになったって聞きます。
今ジョギングが流行ってるんですね。
確かに、ただで運動やダイエットができますもんね。
でも、私にはあの走る楽しみがわかりません。
なので私には続かないかと思います。残念。
家でダイエットのDVDでなんとかがんばってみますね。

気になるお隣さん

最近妙に気になるお隣さん。
私は一人暮らしをしているのですが、お隣さんがなぜかとっても気になります。
お隣に住んでいる人は私よりも少し年下の男性。
朝、家を出る時間帯がなんとなく同じで
よく玄関先なんかで顔を合わせます。
電車の時間が一緒なんでしょうね。
朝一緒なのに帰りは私よりも遅いんです。
忙しいんですね。
それに比べて私って・・・と思ってしまいます。

そんなお隣さんですが、顔はというと悪くありません。
すらっと背が高くてほっそりした感じ。
最初にあった時には私のタイプとは全く違ったんですけど、
なぜか最近気になっています。
そもそも気になりだしたのは私の部屋にゴキブリが出た時のことです。
私は虫が苦手で、ゴキブリなんてもってのほか。
キッチンにゾロゾロ~っとやってきてゴキブリに思わず悲鳴をあげてしまいました。
そして、ゴキブリが動き回るもんだから部屋をバタバタしてしまって。
そこで隣の彼が様子がおかしいとピンポーンと鳴らしてくれたんです。
誰でもいいから退治して~って思っていたので思わず・・・
「すみません、ゴキブリがでてきてしまって。私大の苦手なんです。助けてください」
なんて言ってしまいました。
そこで彼は快くゴキブリ退治に参戦してくれて、見事やっつけてくれました。
あの日からなんだかとっても気になっています。

ドラマ化はできないけれど、なんだかそういう感じの話じゃありませんか?
何かがきっかけで、今までなんとも思わなかった人が急に気になってしまって
恋に発展するっていう話。
これって恋なんでしょうか。
幸い、彼の家には女性らしき人の影はなさそうです。ってストーカーかよ!?ですね。
今まで年下には全く興味がなかったんですけど
年下の男性っていうのも悪くないのかなとこの年になって気づきました。